Apple、「WWDC 2014」で発表するために新たなソフトウェアプラットフォームを計画!?

2015/07/08


Nestapp 1

9to5Macによると、THE FINANCIAL TIMESはAppleが「WWDC 2014」で発表するために新たなソフトウェアプラットフォームを計画しているようだと伝えています。

これは、「iPhone」をセキュリティシステムや他の家電製品のリモコンとして使えるもので、スマーホームのための新たなプラットフォームになるようです。

Appleのこの統合されたシステムでは、「スマートホーム」デバイスを簡単にセットアップし制御することができるようになるとのことです。

これは「Made for iPhone」のようなMFIプログラムの延長ではなく、スキームは同様なものの異なるブランディングになるだろうとしていて、新しいロゴが作られるようです。

今回の「WWDC 2014」では、「iOS 8」や「OS X 10.10」について発表されることが有力となっていますが、この新たなソフトウェアプラットフォームは発表されれば大きな目玉になるかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で