「iPhone 4S」のベンチマークの結果

2015/07/01


MacRumorsに、Geekbenchで測定した「iPhone 4S」の結果が公開されています。

4sbench.png

この結果によると、「iPhone 4S」のスコアは622。「iPhone 4」は370だったそうで、約68%の高速化がされているということです。
ちなみに「iPad 2」に比べると17%遅くなってるそうで、このことから「iPhone 4S」のA5チップは、1GHzから800MHzにクロックダウンされているようだとしています。さらに上の画像からもわかるようにメモリは、やはり512MBのようです。
やはり「iPhone 4S」はかなり高速になっているようですね。メモリは色々な情報から考えても512MBで間違いなさそうですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で