Apple、「iWatch」の製造で歩留まり率の低さに苦しむ!?

2015/07/08


Iwatchconcept

 
DIGITIMESは、サプライチェーンからの情報筋によると、Appleの「iWatch」やQualcommの「TOQ」などのウェアラブルデバイスの製造で、メタルインジェクション成形(MIM)による表面処理が難しく、歩留まり率が50%以下になっていると伝えています。

MIM製法は、今までは製品内部で使われていたが、現在では外部デザインの一部になっていて、この表面処理は製品の外観の重要なプロセスになっているとのことです。

ほとんどの部品メーカーは、質と大量生産の両方の用件を満たせていないそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で