「iPhone 5S」や廉価版「iPhone」、次期「iPad mini」は開発の問題によりリリースが遅れる可能性!?

2015/07/05


AppleInsiderは、KGI SecuritiesのアナリストMing-chi Kuo氏によると、「iPhone 5S」や廉価版「iPhone」、次期「iPad mini」は、マーケットの予想よりリリースが遅れるかもしれないとしています。

13 01 16 2013 Predictions

 
Ming-chi Kuo氏は、これらのデバイスのリリースが遅れる理由として、様々な問題があるとしています。

「iPhone 5S」については、Appleは指紋センサーを含めることを計画しているが、技術的な問題がいくつかあるとしています。

廉価版「iPhone」はスリムなプラスチック筐体が採用されるようだが、コーティングや表面処理の歩留まり率を向上させることがより困難となるとしています。

次期「iPad mini」については、高解像度のRetinaディスプレイ搭載が予想されるが、ディスプレイパネルの課題に直面していると述べていて、これがデバイス製造をより困難にさせると予想されるとしています。

「iPhone 5」や廉価版「iPhone」については、7月にも発表があるのではないかという噂がありますが、こうした製造上の問題が発表や発売時期を遅らせてしまうものになってしまうのかもしれません。

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で