モバイル広告で、iOSがAndroidをリードを広げる

2016/02/15


TechCrunch Japanによると、モバイルマーケティングのVeltiの報告でモバイル広告のインプレッションは、先月の時点dはiOSがAndroidをややリードしていたが、今回の4月のデータではさらにリードを広げ、iOSが55%、Androidが45%だったと伝えています。

Velti report

 
このデータの出所はVeltiのMobclix Exchangeで、ここは33500以上のアプリに広告をサーブしているそうです。

デバイス別でもiOSがトップで、インプレッションの20%が「iPhone」、15%が「iPod touch」、13%が「iPad」となっていて、その次にAndroidのサムスンのGalaxy SIIが2.3%となっているとしています。

モバイル広告を見てもAppleのiOSデバイスの影響力の強さが目立っていますね。デバイスの総数でいうとAndroidデバイスの方が多いのにも関わらずこの結果というですから、非常に意味のあることなのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で