Iphonexbunner big

「新しいiPad」を中国で転売することが出来なくなっている

MacRumorsは、REUTERSの情報として、中国での転売を目的に「新しいiPad」を購入したバイヤーが、転売できずApple Storeに返品に訪れているとしています。この原因が中国当局から運送会社に「新しいiPad」の出荷の制限をかけたり、高い関税がかけられているとしています。

Ipadreturnline

「新しいiPad」が発売された日に「Apple Store,Fifth Avenue」には、転売目的のバイヤーが数多く並んでいたそうです。

彼らはそれを中国に持っていってブラックマーケットで捌くことによって高い利益を上げていましたが、中国当局は運送会社に対して出荷の停止を要請しているそうで、小さな2つの運送会社、BIZ Express、Global Courier Servicesは「iPad」の出荷を拒否しているそうです。さらに「新しいiPad」を中国に持ち込んだ場合には、10%の輸入関税をかけるようになっているそうです。

さらに、今回はアメリカ以外の10カ国で同時に販売が開始された事から在庫が豊富となっていて、中国のブラックマーケットの市場価格が下がっているとしていて、バイヤーの一人は、「このゲームは終わった」と話しているそうです。

こういった転売に関して中国もだいぶ規制に動いたようですね。これにより簡単に転売できる状況ではなくなったようです。一時はアメリカで499ドルで購入した「iPad」が中国で1000ドル以上で売れたこともあったようです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)