「Watch OS 1.0.1」から動いている時や腕を動かしている場合、10分おきに心拍数が記録されないことがある


Applewatchshinpakusu 01

9to5Macによると、「Apple Watch」のソフトウェア・アップデートで「Watch OS 1.0.1」にした場合、10分おきに行われる心拍数の計測が行われないという報告があったが、Appleはサイト上でこれが意図してものだと更新していると伝えています。

日本のサイトはまだ更新されていませんが、アメリカの公式サイトの心拍数の解説をしているページで、「Apple Watchは10分毎に心拍数を計測しようとしますが、動いている時や腕を動かしている場合は記録しません」と説明が追加されています。

なお、日本のサイトでは「Apple Watchは終日、10分おきに心拍数を測定してヘルスケアAppに保存します。」とだけ書いてあります。

当初この「Watch OS 1.0.1」で心拍数が計測されないという問題はバグではないかということで話題となっていましたが、Appleとしては意図的に記録しない時があることを案内しています。

なぜこういった仕様に変更したのかはわかっていませんが、バッテリーの持ちなどに影響を与えることを懸念したのかもしれません。ただ、アクティビティアプリやワークアウトアプリを使うと常に心拍数が計測されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で