「Macworld Expo」は、「Macworld/iWorld」に名称を変更

2015/07/20


MacRumorsによると、2009年まで、Appleが新製品の発表の場としていた「Macworld Expo」が、2012年1月に開催されるイベントから「Macworld/iWorld」に変更になると伝えています。

macworld_iworld_banner.jpeg

今回の名称変更の「iWorld」部分の「i」はiOSデバイスを意味するようです。
「Macworld Expo」といえば、1998年には「iMac」、2007年に「iPhone」が発表されたりと、Appleの歴史において欠かせないイベントですね。
その後、2009年のイベントを最後にAppleが撤退したあとは、Apple製品のサードパーティ企業の発表の場と姿を変えていました。Appleが参加してる時代より規模は小さくなっているようですが、去年は25,000人もの来場者を集めたそうです。
「Macworld/iWorld」は、サンフランシスコのMoscone West convention centerで、2012年1月26〜28日まで開催されるそうです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で