Iphonexbunner big

iFixitがバラしてわかった「新しいiPad」の中身

「新しいiPad」が日本で発売がされる前に、iFixitバラシレポートを公開していましたが、その詳細が様々なメディアで取り上げられているので、それらから「新しいiPad」の中身を見ていきたいと思います。


Ifixit newipad 2 Ifixit newipad 2 2

まず注目の「Retinaディスプレイ」は、iFixitが分解したところサムスン製である事が確認されました。また、ディスプレイをロジックボードに接続するコネクタが、過去のモデルと異なっているそうで、これによって、2月頃にリークされた「Retinaディスプレイ」パネルが本物であったと確認されたそうです。
(via.Cent Japan)

Ifixit newipad3 1
ロジックボードには、エルピーダメモリの4GビットLPDDR2型DRAMチップ(合計1Gバイト)や東芝のNANDフラッシュメモリー「THGVX1G7D2GLA08」を搭載しているそうで、Wi-FiおよびBluetooth対応チップはBroadcom製の「BCM4330」だったとしています。なお、Broadcom製品はコントローラ「BCM5973」「BCM5974」も使われるそうです。また、LTEおよび3G通信用チップセットにはQualcomm製が使われているそうです。そして、「A5X」チップはサムスン製で、iFixitによると2012年1月の第1週に製造されたものだという。
(via.日本経済新聞Cent Japan)

Ifixit ipad3 Ifixit ipad3 1

バッテリーは、「ほとんどのタブレットがそうではあるが、iPad 3(新しいiPad)は本当に巨大なバッテリーだ」とiFixitが語っている通り、「iPad 2」は25Wh、3.8V、6930mAhの容量だったが、「新しいiPad」は42.5Wh。3.7V、11560mAhとなっていて、約67%増量しているとしています。
(via.iPadiPhoneWire)

Ifixit newipad 4 Ifixit newipad 4 1

今回のバラしでiFixitは最も困難だった箇所が、ガラス・パネル画面を取り外しだったとしています。接着剤を緩めるためにヒートガンなどを使用しなんとか木津つけないで剥がせたが、「前面の接着剤を取り除くのは極めて難しい」と述べているそうです。また、iFixitは新iPadの修理のしやすさを10段階中「2」と評価したとしています。(10が最も簡単)
(Via.COMPUTERWORLD、日本経済新聞)

今回もiFixitが素晴らしいスピードでバラしてくれたおかげで「新しいiPad」の中身があっという間に分かりました。この影響で16日の日本の株式市場で「新しいiPad」に部品を供給しているメーカーの株価が上がったそうです。

今までもバラシレポートは注目されていましたが、今回ほど注目を集め影響を与えたのは初めてかもしれませんね。それほどまでにAppleの製品がいろいろなところに与えるインパクトが大きいということなんでしょうね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)