Apple、iCloudに対応した、「Mac OS X 10.7.2」リリース

2015/07/20


Appleは、iCloudに対応した、「Mac OS X 10.7.2」と「Lion復旧アップデート」リリースしています。

osx1072.png

10.7.2 アップデートを OS X Lion のすべてのユーザに推奨します。このアップデートによりオペレーティングシステム全般の問題が修正され、Mac の安定性と互換性が向上します。また、画期的な無料のクラウドサービスのセット、iCloud も使用できるようになります。iCloud を使用すると、コンテンツを自動的にワイヤレスで保存して、お使いのすべてのデバイスにプッシュ送信できます。OS X Lion で動作する iCloud では以下の機能が提供されています:

ソフトウェアアップデート経由でダウンロードできます。
さらに変更点などは、以下となっています。

メール、カレンダー、連絡先、Safari のブックマークおよびリーディングリストを保存して、お使いのすべてのデバイスにプッシュ送信できます。
“どこでも My Mac”を使って、お使いの Mac にほかのコンピュータからインターネット経由でリモートアクセスできます。
“Mac を探す”を使って、 所在が判らなくなった Mac の現在地を地図で確認したり、遠隔操作で Mac をロックしたり、すべてのデータを消去したりできます。
iCloud は簡単に使い始めることができます。このアップデートのインストールが完了すると、iCloud の設定パネルが自動的に表示されます。既存の Apple ID を入力するか新規作成して、画面に表示される手順に従ってください。iCloud について詳しくは、次の Web サイトにアクセスしてください: http://www.apple.com/jp/icloud
10.7.2 アップデートには Safari 5.1.1 が含まれており、さらに以下の問題も修正されています:
Mission Control で、デスクトップスペースやフルスクリーンアプリケーションを並べ替えることができるようになりました。
デスクトップスペースとフルスクリーンアプリケーションとの間でファイルをドラッグできるようになりました。
フルスクリーンアプリケーションでメニューバーが表示されない問題を修正しました。
“アドレスブック”の Google 連絡先同期機能の互換性が向上しました
Keynote が一時的に応答しなくなる問題を修正しました。
Launchpad での VoiceOver の互換性が向上しました。
スリープ解除後にネットワークへのアクセスに時間がかかる問題を修正しました。
ローカルで接続中の Time Machine バックアップドライブから Lion 復元で起動できるようになりました。
画面を拡大表示できなくなる問題を修正しました。
Active Directory との統合が向上しました。
Safari 5.1.1 について詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT4922?viewlocale=ja_JP
このアップデートについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT4767?viewlocale=ja_JP
このアップデートのセキュリティ内容について詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で