「iPhone 4S」の特徴まとめ。

2015/07/20


先ほどの記事でも伝えたとおり、Appleは本日、「iPhone 4S」を発表しました。

iphone4s-sh.png

とりあえず、「iPhone 4S」の新機能、特徴をまとめてみたいと思います。
・デザインは現在の「iPhone 4」と同じ。
・A5チップ搭載。「iPad 2」で使われているものと同じ。
・CPU性能は、「iPhone 4」の約2倍高速に。
・グラフィック性能は約7倍高速に。
・バッテリー性能を改善して「iPhone 4」より長持ちに。
・アンテナの改善。HSDPA対応で14.4Mbpsに。
・カメラが大幅にアップデート。
  8メガピクセル、5層レンズ、F値2.4、顔認識、高速起動、
  連続撮影が0.5秒毎。
・ビデオ撮影機能も大幅にアップデート
  1080p HD動画の撮影。手ぶれ補正、ノイズリダクションを搭載。
・AirPlayのミラーリング、有線、無線、両方できる。
・音声認識機能「Siri」を搭載。残念ながら日本語はまだ非対応。
・Bluetooth 4.0対応。
以上が主な特徴です。個人的には、CPU、グラフィック性能の向上はもちろんですが、カメラの大幅アップデートが気になっています。もう完全にコンパクトデジカメがいらなくなるんじゃないですかね。これだけでも買い替えてもいいかもと思ってしまいます。
HSDPAの対応については、ソフトバンクの発表待ちとなりますが、正式に対応となれば、auとの差別化はこの部分になると思います。auは非対応です。
予約が10月7日からということで、まもなく日本での価格が、ソフトバンク、auから発表があると思います。
今までソフトバンク独占だった状況から、auも発売となるので、本体価格、通信料がどうなるのかに注目が集まりますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で