Apple、Motion 5.0.1とCompressor 4.0.1もアップデート

2015/06/28


前の記事で、Final Cut Pro X 10.0.1がリリースしたとお伝えしましたが、あわせてMotion 5.0.1とCompressor 4.0.1もリリースされています。
さらに、ProApps QuickTime コーデック1.0.1もリリースされています。
詳しいアップデート内容は以下になります。


Motion 5.0.1は、全体的な安定性とパフォーマンスが向上の他に、
• デュアルディスプレイに対応
• マルチチャンネルオーディオの読み込みと再生に関する問題を修正。
• キーフレームをマイナス時間で移動するときの安定性の問題を解決。
• “インスペクタ”を開いているときにテキストが間違って配置される問題を修正。
• 文字を調整したときに文字間のカーニングが正しく適用されるように修正。
• “ドラフトモード”でタイトルに空のストリングを入力するときの安定性の問題を解決。
Compressor 4.0.1は、全体的な安定性とパフォーマンスが向上の他に、
• HTTP ライブストリーミングの“セルラー”設定のビットレートをアップデート。
• Final Cut Pro X 内の“QuickTime 書き出しコンポーネント”設定へのアクセスに関する問題を修正。
• システムが中国語で構成されているときに“このコンピュータ”クラスタが表示されない問題を解決。
• Compressor 4 のインストール後に Soundtrack Pro を起動するときの安定性の問題を解決。
ProApps QuickTime コーデック1.0.1は、このアップデートにより、QuickTime ベースのアプリケーションで使用する以下のビデオコーデックが追加される。
Apple Intermediate Codec
Apple ProRes
AVC-Intra
DVCPRO HD
HDV
XDCAM HD / EX / HD422
MPEG IMX
非圧縮 4:2:2
最後に、Final Cut Pro X 10.0.1のアップデート内容も書いておきます。
全体的な安定性とパフォーマンスが向上の他に、
• ロール機能を使用して、オーディオおよびビデオのステムを 1 つのマルチトラック QuickTime ムービーまたは個別のファイルとして書き出せる。
• 他社製のワークフローに対応するために、XMLの読み込みと書き出しに対応。
• 編集者間の共同作業を向上させるために、プロジェクトやイベントを Xsan上に置くことができる。
• プロジェクトにカスタムの開始タイムコードを設定できる
• 接続クリップに 1 回の操作でトランジションを追加できる。
• OS X Lion でフルスクリーン表示を有効にできる。
• GPU アクセラレーションをオンにした書き出しにより、配信速度を向上。
すべてのアップデートが、アプリを持っている全ユーザーに推奨されています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で