ソフトバンクテレコムが、ANAに6,000台のiPadを納入を発表。

2015/07/20


ソフトバンクテレコム株式会社は、ANAグループ全客室乗務員に6,000台のiPadを納入すると発表しています。

sofbank.PNG


ANAによると、

2011-2012年度のグループ経営戦略で揚げている「グローバル化への挑戦」「経営効率向上の実現」の具現化策として、さらなる機内品質向上と客室乗務員の生産性向上の実現を目指し、世界で初めてグループ全客室乗務員へiPadを配布し、乗務マニュアルの電子化による管理業務の改革や、iPadを活用した自己学習形式の導入など、教育訓練業務の改革を推進します。

iPad導入で、従来の紙のマニュアルから、iPadに入った電子化された最新マニュアルをいつでも参照可能になるので、より「安全・安心」なサービスを実現できるようになるとしています。
まず2011年10月から一部の客室乗務員(700名)によるトライアルを実施して、2012年4月から全客室乗務員がiPadを携行する予定とのことです。
世界で初の試みということで、この先、他のエアラインも同じような取り組みを行うかもしれませんね。iPadの活用方法としてとてもいい事例のように感じます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で