Iphonexbunner big

「iPad(第3世代)」に採用されていたシャープのIGZOパネルは、解像度をわざと落としていた

日本経済新聞によると、シャープの主力製品であるIGZOパネルは、「iPad(第3世代)」に採用されていた時には、サムスンなどが作るアモルファス液晶と消費者が区別がつかないようにわざと解像度を落としていたと伝えています。

Ipad2012 step
 
この理由については、Appleは、重要な部品を複数の企業から調達することにしていて、1社に事故があっても供給が止まらないし、価格を競わせることもできるので、今のところIGZOパネルを商用生産できる唯一のメーカーであるシャープに大量発注しにくいとしています。

せっかくのシャープが先行する素晴らしい技術もこういった背景があると、なかなか難しいですね・・・。シャープにもまた柔軟性が求められているのかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 消費者

    消費者は、アップルに対して訴えるべきである。
    馬鹿にされている。
    高画質で利用できる環境にあるのに、低画質の画面で
    使うことを強要されているのである。
    アメリカの消費者が知れば、アップルに対して
    訴える人が多数でるだろう!
    日本の消費者ももっと利口に、不満を訴えるべきである!(*`益´*)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)