AppleのiPadには競争相手がいない!?

2015/07/20


9To5Macは、今年の3月のiPad2の発表の時にジョブズ氏が「2011年は模倣の年になるだろう?(Is 2011 going to be the year of copycats?)」と言っていたが、実際にはそうはならなかったと伝えています。

Androidのシェアが34.0%から26.8%に落ち、iPadは65.7%から68.3%にアップ。逆にAndroidからシェアを奪っている状況のようです。さらにHPのTouchPadは撤退し、RIMのタブレットはこの間、あまり売れていないことがニュースになったそうです。

このことから、iPadには現状競争相手がいないということのようです。やはり現状では、iPadの一人勝ち状態を裏付ける感じですね。この状態がどれほど長く続くのか、Android端末でどれだけいい機種が出るかだとは思いますが、Appleの有利はまだ続きそうですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で