ソフトバンク、スマホ下取りキャンペーンを強化を発表


本日行われているソフトバンクの記者会見において、孫正義社長は、先日発表した「下取りプログラム」について強化すると明らかにしています。

Sumahowari

 
今回の強化で「iPhone 4S」が最大20000円で下取りできることになり、これは月々1,000円ずつ通信料から引かれることになるとしています。

さらに「iPhone 3G」が4000円、「iPhone 3GS」5000円で下取りすることも合わせて発表されています。

[追記]
下取りには査定はなく、電源が入り、画面が割れていなければその価格で下取りが可能とのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で