Appleは10年以上前にタブレット模型を見ていたとサムスンの証人が証言

2012/08/16


Bloombargによると、Appleとサムスンの特許裁判で、サムスン側の証人として出廷したロジャー・フィドラー氏が、「Appleは、iPad発売より10年以上前にタブレット端末の模型を見ていた」と証言していると伝えています。

Apple samsung logos 500x137

 
ミズーリ大学のデジタル出版プログラム責任者であるロジャー・フィドラー氏は、タブレットのデザインに1981年に取り組み始めたと説明していて、Appleのコロラド州にあるナイト・リッダーの情報デザイン研究所と協力していた1990年代半ばに「Appleの社員が私のタブレットの発想と試作品に触れていた」と語ったとしています。

サムスンの狙いは、iPhoneやiPadに使用されている特許権や技術には独創性があるとするAppleの主張を、この証言により信頼性を弱めたいと考えているとしています。

色々な証人が出廷して主張を繰り広げていますが、当然のように平行線をたどっています。まもなく裁判は結審し陪審員の評決が出ると思われますが、どちらに有利な判決となるのでしょうか・・・。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で