次期「Apple Watch」は物理ボタンが廃止される!?


Applewatch2 09

Fast Companyは、Appleの計画を知っている情報筋によると、次期「Apple Watch」のサイドボタンとデジタルクラウンは物理ボタンではなく、タッチセンサー式のソリッドステートボタンになるようだと伝えています。

物理ボタンが廃止される?

次期「Apple Watch」はサイドボタンとデジタルクラウンは搭載されるようですが、ボタンが物理的ではなくTaptic Engineによる振動により、押した感覚が伝わる形になるようです。ただ、デジタルクラウンは引き続き回転するようにはなっているとのこと。

この方式は「iPhone 7/8」シリーズのホームボタンですでに採用されているもので、今年秋に発売が予想される「Apple Watch」に搭載される可能性があり、実現しない場合は2019年モデルには搭載されるとしています。

このソリッドステートボタンを採用することで、耐水性が向上し、内部のスペースが広くなるためより多くのバッテリーを搭載することができると予測されているようです。

Taptic Engineの振動による触覚はすでに「iPhone 7/8」シリーズで実証されているので、それに置き換わることでユーザーが困るといったことはなさそうなので、実現することによるメリットは大きそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で