「iPhone」機種変更時に「Apple Pay」の「Suica」を移行する方法

Applepay suica 01

「iPhone 7」シリーズ、「Apple Watch Series 2」から日本国内で「Apple Pay」が利用可能になり、ぼくも毎日のように便利に使わせてもらってますが、新型iPhoneに買い換えるとそのデータを移行しなくてはなりません。

そんなわけで、今回は「Apple Pay」に登録してある「Suica」の情報を機種変更時に新しいiPhoneに移行する方法をJR東日本の情報をもとに説明したいと思います。

スポンサードリンク

まずは旧iPhoneからSuicaを削除

まず、重要な点として「Suica」の情報を移行する場合は、新旧iPhoneで同じApple IDを使ってサインインしている必要があります。それを踏まえてまず旧iPhoneで「Wallet」アプリを起動します。

Applepay suica 02

「Suica」のカードを選んだ状態で左下に出る「i」マークをタップします。

Applepay suica 03

下にスクロールしていくと「カードを削除」というのがあるのでタップします。

Applepay suica 04

削除となるとちょっと怖いですが、ちゃんとポップアップで「このカードは削除されても、いつでも"Wallet"からこの残高ごと再追加することが可能です」と案内されるので、安心して「削除」をタップしてください。

これで、「Suica」の情報が一時的にJR東日本のサーバーに退避されたことになります。

新iPhoneでSuicaを再度追加する

つづいて新iPhoneで「Suica」を追加しますので、こちらでも「Wallet」アプリを起動します。

Applepay suica 05

セットアップ画面のカードの種類のところで「Suica」をタップします。

Applepay suica 06

カード追加画面には、さきほど削除した「Suica」が表示されているので、あとはそのまま追加すれば移行作業は完了です。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)