今日の人気記事

スポンサードリンク

【レビュー】iOSデバイスを有線でMacにつないでサブディスプレイとして使えるアプリ「Duet Display」を使ってみた

Duetdisplay 01

KairosがiPhoneやiPadを有線でMacにつないでサブディスプレイとして使えるアプリ「Duet Display」をリリースしていたので、早速使ってみました。

スポンサードリンク

使い方は、iOSデバイスに「Duet Display」をインストールして、MacにもKairosのサイトで配布されているMac用アプリ「Duet」をインストールする必要があります。

Duetdisplay 02

Mac用のアプリ「Duet」はインストール時にグラフィックドライバを入れるため再起動が求められます。

Duetdisplay 03

準備ができたら、Macで「Duet」アプリを立ち上げた状態でiOSデバイスとLightningケーブルで接続、iOS側で「Duet Display」アプリを起動すると接続されているMacを自動的に探してくれます。

Duetdisplay 05

コネクトが成功するとMacのサブディスプレイとしてすぐ使うことができます。一度セットアップしてしまうとそのあとが非常に簡単です。

Duetdisplay 06

Macのメニューバーにある「Duet」のアイコンをクリックして歯車マークをクリックすると設定を変更でき、RetinaモードにするとiOSデバイス側の表示が非常に綺麗に表示されます。またフレームレートも60FPSと30FPSから選択できます。

Duetdisplay 07

ただ、当然とも言えますがこのアプリは少しMacの負荷がかかるようです。Retinaモードを解除したりフレームレートを落とすことでもう少し負荷が減ると思います。

Duetdisplay 08

使ってみての印象としては、表示が遅れなどはほぼ気にならずRetinaモードだと本当に綺麗に表示されるので、余っているiPadなどをMacのサブディスプレイとして使う用途としては良さそうな気がします。

なお、Mac向けアプリは無料ですが、iOSアプリ「Duet Display」は有料(リリース記念で記事掲載時は1,000円)となっています。また、Macは「OS X 10.9」以降、iPhoneやiPadは「iOS 6」以降が必要です。

Duet Display
掲載時の価格:¥1,000 (最新価格はStoreで確認してください)
アプリをダウンロード
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)