今日の人気記事

スポンサードリンク

【レビュー】AnkerのBluetooth 4.0対応ポータブルスピーカー「A7908」をチェック

Ankersperker 01

Anker Japanは、Bluetooth 4.0対応スピーカー「A7908」の販売を開始しました。今回事前にサンプルを提供していただけたのでチェックしてみました。

スポンサードリンク

まずは「A7908」の同梱品を確認してみたいと思います。

Ankersperker 02

スピーカー本体、Micro USBケーブル、3.5mmオーディオケーブル、トラベルポーチ、説明書などが入っています。

Ankersperker 05

スピーカー本体は280gと少しずっしりくる重さですが、この中には2100mAhのバッテリーが搭載されていて、約15〜20時間の長時間の音楽の再生が可能になっています。

Ankersperker 03

正面にはコントロールボタンが搭載されていて、ボリューム、再生操作などが可能になっています。

Ankersperker 04

側面には電源スイッチと、3.5mmオーディオケーブルを接続することで外部の再生機器のスピーカーとしてしても利用できるAUX IN、バッテリー充電用のMicro USBポートがあります。

Ankersperker 06

早速「iPhone 6」とペアリングをしました。やり方は簡単で、「A7908」の電源を入れ、iPhoneで「設定アプリ → Bluetooth」と進むと、A7908を検出するので選択すれば完了です。

Ankersperker 07

iPhoneやiPadからミュージックアプリで音楽を再生すれば「A7908」から音が出ます。さすがにこのコンパクトさなので、低音は期待できませんが、ポータブルスピーカーとしてはクリアな音質と音量を確保できていると思います。

個人的には、普段ベッドサイドに置いておいて寝る前にちょっと音楽を聴きながらリラックスしたいときにピッタリな製品ではないかと思います。

Ankersperker 08

また、内蔵マイクも搭載されているためスピーカーホンとして使えたり、「再生・一時停止」ボタンを2秒押すと「Siri」を使うこともできます。

Ankersperker 09

付属品にトラベルポーチがあるように、バッテリーを充電しておけば外に持ち運ぶことも簡単です。

Ankersperker 11

ちなみに、Bluetooth 4.0対応なのでもちろんMacと接続することも可能です。「システム環境設定 → Bluetooth」と進めば「A7908」を検出することができると思います。

Ankersperker 10

また、「A7908」は最後の接続した機器を自動で検出するので、一度iPhoneやiPadなどとペアリングしておけば2度目以降はすぐに接続が可能です。

Ankersperker 12

このスピーカーにはカラーラインナップが2つあり、今回はホワイトを使いましたが、ブラックもあり、価格は3,499円と非常にお手頃になっています。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)