今日の人気記事

スポンサードリンク

【レビュー】トリニティ、水深5mまでの完全防水・2mの耐衝撃プロテクションを誇るiPhoneケース「Catalyst Case for iPhone 5/5s」をチェック

Catalystcase 01

トリニティが先日販売を開始した、水深5mまでの完全防水・2mの耐衝撃プロテクションを誇るiPhone5/5s用ケース「Catalyst Case for iPhone 5/5s」を提供していただいたので、チェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク

このケースは、冒頭にも書いたとおり水深5mまでの完全防水となっていて、防水・防塵国際規格「IP-68」を取得し、水の浸入を保護する等級として最高レベルの「8級」を実現し、さらには、2mの高さから落としても衝撃を吸収してくれる特殊な機構を採用しているそうです。

Catalystcase 02

さて、早速ケースをチェックしてみましょう。このケースは全面保護部分と背面保護部分が分かれていて、iPhoneを装着してカッチリくっつける形になっています。

Catalystcase 03

早速装着してみましたが、防水・衝撃吸収のために握った感じはやはりかなり大きな感じがします。

Catalystcase 05
Catalystcase 06
Catalystcase 04

このケースの特徴のひとつに、こういったケースでありながらすべてのボタンがしっかり使えること、ケースをしたまま充電が可能になっていることです。もちろん充電しているときは防水機能は発揮できませんが…。

Catalystcase 07

背面部分は、透明になっているためiPhoneの美しいデザインを損なうことがないのが個人的には嬉しいところです。

Catalystcase 08

カメラ部分もしっかりと作られていて、このケースを付けながら写真を撮ることも問題ありません。

Catalystcase 09

そして「iPhone 5s」ユーザーにとって嬉しいのは、Touch IDへの対応ですね。薄い特殊な膜のようなものが貼ってあるのですが、これのおかげで防水ケースながらTouch IDに対応しています。

Catalystcase 10

そして、最後に防水の実験です。これは結構緊張しました…。もちろん防水ケースなのでまさか浸水することはないとは思いますが、水につけるという行為自体は怖いものです。

もちろん実験は成功。水につけながらも壊れることはなくしっかりと防水機能を発揮してくれました。このケースをつけておけば、お風呂場で使っていて、水がかかったり、万が一湯船に落としてもしっかり守ってくれると思います。

注意点としては、しっかり背面のケースをカチッと装着してくださいね。さらに、Lightningポートの部分などもゴムでしっかり塞いでから使ってください。どこか装着が甘いと水が浸入してきます。また、水につける場合は必ず説明を読んでください。

なお、今回提供していただいたのは、ブラックですが、他にもカラーラインナップとしてホワイト、ブルー、ピンクがありますので、気に入った色をチョイスしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)