今日の人気記事

スポンサードリンク

PFU、アルバムの写真をそのままスキャンしてデジタル化できる新製品「Omoidori(おもいどり)」を発表

Omoidori 01

PFUは、本日6月1日「写真の日」にあわせて、アルバムの写真をそのままデジタル化できるiPhone向け製品「Omoidori(おもいどり)」を発表し、その製品発表会が行われたので行ってきました。

スポンサードリンク


3.11の東日本大震災が契機に

この「Omoidori」は、アルバムに貼られている写真をそのままテカりなくスキャンしてデジタル化できるiPhoneアルバムスキャナとなっていて、元々の開発はiPhoneが発売される前の10年前ほどからあったそうです。

ただ、なかなか実現化せずに諦めかけていた頃、3.11の東日本大震災が発生し、瓦礫の中にあった泥まみれのアルバムを大切に抱えている人たちを見て、これはやり遂げなければならないという気持ちになったそうです。

Omoidoriの仕組み

Omoidori 02

さて、実際に「Omoidori」をどうやって使うかですが、通常はこのように折りたたんだ形になっていて、使うときはパカっと開きます。ポラロイドカメラのような感じです。

Omoidori 03

開いた部分をアルバムの写真に乗せて暗室を作るような状態にして、専用アプリ「Omoidori」で撮影をするだけで、写真にダメージもなく、さらに反射せずにデジタル化できるように設計されています。

Omoidori 04

仕組みとしては、「Omoidori」の中にはLEDフラッシュが左右についていて、これが交互に点灯します。「Omoidori」アプリは2枚の写真を撮影し、それを合成することでテカりのない写真となるわけです。ちなみこの技術は「Wスキャン」というそうです。

Omoidori 05

アプリはただスキャンだけをするだけでなく、写真に刻印されている日付を認識したり、L版を超える写真の場合にも2L版モードをつかって、半分ずつスキャンすると自動で合成してくれる機能がついています。

Omoidori 06

また、写真のサイズに合わせて自動でトリミングしてくれたり、古い写真だとよくある赤目で写っている写真も補正してくれる機能もついています。

Omoidori 07

さらに、デジタル化するだけではとどまらず、アプリ内から富士フイルムの「プリントサービス」に接続してプリントやフォトブックを注文するところまでこのアプリでできます。

Omoidori 08

アルバムの写真をスキャンする場合はそのままでいいのですが、アルバムに入っていない単独の写真をスキャンする場合ののために固定する「フォトプレッサー」がオプションで販売されます。これは「Omoidori」本体に合体する形になります。

Omoidori 09

Omoidori」の対応機種ですが、「iPhone 6s、6、SE、5s、5」となっていて、残念ながら「iPhone 6s Plus/6 Plus」には対応していません。

価格はオープン価格ですが、PFUダイレクトでは12,800円(税込)、6月下旬の販売開始となるそうです。なお、内部のLEDフラッシュを点灯させる電源として単4電池2本が必要で、この2本で約1000枚くらいスキャンできるそうです。

Omoidori 10

すでにAmazonなどでは予約が開始されていますが、PFUダイレクトで予約した初回1,000名の方だけに、「OmoidoriケースSpecial Edition」がついてきます。

昔の写真がいつまでもあればそれに越したことはないですが、万が一のために「Omoidori」を使ってずっと残る形にしておくというのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)