今日の人気記事

スポンサードリンク

macOS Sierra 10.12.4:ディスプレイの色を自動的に暖かい色に変更しブルーライトを軽減できる「Night Shift」の使い方

Nightshifmac 01

Appleが先日リリースした「macOS Sierra 10.12.4」からMacで、日が暮れるとディスプレイの色が自動的にスペクトラムの一番暖かい色に変更してブルーライトを軽減できる「Night Shift」が利用可能になっています。今回はその設定方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「Night Shift」モード

「macOS Sierra 10.12.4」で「Night Shift」モードを設定するには「システム環境設定」を開きます。

Nightshifmac 02

ここで「ディスプレイ」を選択します。

Nightshifmac 03

ディスプレイの項目に新たに「Night Shift」というタブが追加されているので選ぶと設定画面がでてきます。デフォルトではスケジュールのところが「切」になっています。

Nightshifmac 05

スケジュールで「カスタム」を選ぶと「Night Shift」モードを開始する時間と終了する時間を設定できます。とりあえず試してみたい方は「明日まで入にする」にチェックを入れるとすぐに「Night Shift」モードに移行します。

Nightshifmac 04

スケジュールを「日の入から日の出まで」に設定すると、その日の日の入りの時間になると自動的に「Night Shift」モードに移行するようになります。まだ日の入りではないけど使いたい人は「日の出まで入にする」をチェックしてみてください。

また、それぞれの設定画面では色温度もスライダーで設定できるようになっています。

Nightshifmac 06

ちなみに、メニューバーの右上から開ける通知センターからも「Night Shift」をオン/オフにすることができます。(上にスクロールするとでてきます)

「Night Shift」でディスプレイの色を暖かい色に変更することで、最初書いたようにブルーライトを軽減でき、これによって夜よく眠るのに役立つ可能性があるので、特にMacをよく使う人は設定したほうがいいかもしれませんね。

なお、この「Night Shift」に対応しているのは以下の機種となっています。

  • MacBook (12-inch, Early 2015)以降
  • MacBook Air (11-inch, Mid 2012)以降
  • MacBook Air (13-inch, Mid 2012)以降
  • MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)以降
  • MacBook Pro (13-inch, Mid 2012)以降
  • Mac mini (Late 2012)以降
  • iMac (27-inch, Late 2012)以降
  • iMac (21.5-inch, Late 2012)以降
  • Mac Pro(Late 2013)
macOS Sierra
掲載時の価格:無料 (最新価格はStoreで確認してください)
アプリをダウンロード
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)