今年後半に登場する新型「MacBook Pro」には32GBのデスクトップクラスのRAMを搭載!?

Macbookprolate2016 12

9to5Macは、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏のレポートによると、2017年にすべてのMacBookシリーズにIntelの最新プロセッサ「Kaby Lake」を搭載し、15インチモデルには新しく32GB RAMのオプションもあると伝えています。

スポンサードリンク

最初の「Kaby Lake」搭載モデルは12インチMacBookに?

Ming-Chi Kuo氏によると、Intelの第7世代のプロセッサ「Kaby Lake」を搭載するのは12インチ「MacBook」になると予測され、現行モデルは8GBまでになっているRAMには、16GBのオプションが追加されるだろうとしています。

さらに、13インチと15インチ「MacBook Pro」は2017年第3四半期から生産が開始される予定だとしています。

なお、32GBのRAMをオプションがあるのは15インチ「MacBook Pro」になる見込みで、ハイエンドユーザーを満足させるためにデスクトップメモリを採用する予定だとしています。

昨年発売された「MacBook Pro(Late 2016)」のRAMは最大16GBまでとなっていて、これについてPhil Schiller氏が、消費電力が大きくなりすぎることから搭載が見送ったことを明らかにしていましたが、「Kaby Lake」を搭載した場合、「LPDDR 4」メモリが搭載可能になることから32GBまで搭載できるという情報が以前もありました。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)