今日の人気記事

スポンサードリンク

Touch Bar搭載「MacBook Pro(Late 2016)」からデータ救出するための特別なツールがあることが明らかに

Datahukkyu
image via 9to5Mac

先日から販売が開始されたTouch Bar搭載「MacBook Pro(Late 2016)」は、SSDがはんだ付けされていて交換ができないようになっていることがiFixitのバラシレポートで明らかになっていますが、9to5Macは、Appleの修復プロセスに詳しい情報筋によると、このSSDからデータ救出するための特別なツールがApple Storeで用意されると伝えています。

スポンサードリンク


万が一の時のデータ移行ツール

このツールは、ロジックボードに障害が発生した場合や起動しなくなってしまった場合でもSSDのデータにアクセスできるように設計されているそうで、ロジックボードからツールに接続し、USB-C経由で新しい「MacBook Pro(Late 2016)」にデータを転送するような形になるようです。

ただし、このツールを使ったからといってデータが復旧する保証はなく、あくまでデータ救出の一つの手段として提供されるようで、1年間の保証期間やApple Careの対象サービスとしてApple Storeや正規サービスプロバイダで提供されるそうです。

なお、Touch Bar搭載「MacBook Pro(Late 2016)」は、ロジックボードとTouch IDは紐付けられているので、どちらかが故障してしまった場合は、ロジックボードごと交換する必要があります。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)