今日の人気記事

スポンサードリンク

KDDI、スマートフォン・ケータイのデータ容量を共有できる「データシェア」を2015年6月11日から提供開始

Detashare

KDDI、沖縄セルラーは、2015年6月11日より、同一名義の4G LTEスマートフォン/ケータイと4G LTEタブレット/PCで、データ容量をシェアして利用できる「データシェア」を提供すると発表しています。

スポンサードリンク

個人で複数のデバイスを持っている場合「データシェア」で、無駄なくデータ通信を利用でき、家族間でデータ容量を贈りあえる「データギフト」を組み合わせて利用することで、個人でも家族でも一人ひとりの使い方に合わせて、便利にデータ通信を利用することができます。

利用可能台数は、1つのauIDに対してスマートフォン(4G LTEケータイ含む)は1台まで、タブレット・PCは5台まで、合計最大6台までデータをシェアできます。

以下の画像にある対象の料金プランに加入している4G LTEスマートフォン/ケータイ/タブレット/対応PCで「データシェア」を利用が可能になっています。

Detashareplan

なお、2014年5月23日から開始している「はじまる! データシェアキャンペーン」は、「データシェア」の開始に伴い、2015年7月31日をもって受付を終了するとのことです。

始まりそうでなかなか始まらなかった「データシェア」でしたが、やっと正式にスタートするようです。

スマートフォン・ケータイのデータ容量をタブレットと共有できる!「データシェア」提供開始について

関連記事
KDDI、家族間で月間データ容量を贈りあえる「データギフト」を2014年12月18日より提供開始

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)