次期「iPhone」のプレミアムモデルはまだプロトタイプが複数存在する開発段階!? ー サイズは5インチで確定か?

Iphone7review 03

Macお宝鑑定団Blogさんは、Appleが今年発売するiPhoneには、10周年にあわせてApple Watch Editionと合わせて使うに相応しいプレミアムモデルが発表される可能性が高そうだと伝えています。

スポンサードリンク

決まっているのは基本コンセプトのみ

このプレミアムモデルについてはプロトタイプモデルが複数存在していて、技術確認テスト(Engineering Verification Test)を並行して開発が続けられている段階だそうです。

このプロトタイプには、ガラス筐体、アルミ筐体、ホワイトセラミックス筐体などに加え、IPS TFT、AMOLED、ホームボタンあり、なしモデルなど様々なモデルが製品レベルに近い段階で開発されているそうです。

現状で決定している仕様としては、5インチ液晶ディスプレイ、デュアルカメラ、ワイヤレス充電対応、Lightningコネクタ搭載という基本コンセプトのみで、噂のある曲面ディスプレイやホームボタンの廃止などはあくまでもプロトタイプの1つのようです。

なお、デュアルディスプレイの採用や「USB-C – Lightningケーブル」が同梱することはそもそも検討されていないとのこと。

発売時期は遅れる可能性も

また、このプレミアムモデルの発売時期については2017年9月のスペシャルイベントで、iPhone 7s・iPhone 7s Plusと一緒に発表されるが、実際に発売されるのはかなり後になる可能性があるとのことです。

このあたりはまだ開発段階ということもあり、量産まで時間がかかるとおもわれるので、そうなると年内に間に合うかどうかも心配ですね。

また、今まで色々な情報が出てきていて、すでに確定ではないかと思われるものもたくさんありましたが、実はまだ開発段階のプロトタイプの一つの情報が出てきているようだけのようです。

この理由については、正式モデルが決まった段階で部材調達を行うと製造開始が遅れるため、すでにメーカーに対して部品調達可能数の調査をしている情報が一部のアナリストに伝わり、それらから予測した仕様が広まったのだろうとしています。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)