今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 7」はカメラの性能向上などの小幅改良にとどまり、大幅なモデル更新の周期が事実上1年延びる!?

Iphone6sreview 06

日本経済新聞は、Appleが従来2年だった「iPhone」の大幅なモデル更新の周期が事実上1年延びる見通しだと伝えていて、本来、更新時期となる今秋発売予定のモデルはカメラの性能向上など小幅改良にとどまるとしています。

スポンサードリンク


やはりイヤホンジャックは廃止へ

今回の小幅改良になるのは、スマホ機能の成熟化が背景にあり、大幅モデル更新は2017年になる見込みだとしています。

なお、今秋発売予定のiPhoneの改良点はカメラの機能向上やイヤホン穴の廃止、耐水性や電池の持続性能が改善されるとしていて、上位機種は撮影時の補正などカメラの機能が向上を挙げています。

2017年モデルでは、有機EL画面の採用など大幅な機能向上やデザイン変更、複雑な感触を疑似的に生み出せる新たな小型モーターなどを駆使して、画面全体を振動させることで革新的な操作感覚を生み出す方向で開発が進んでいるとしています。

ほとんど今までに出ている噂通りといえると思いますが、確かに今回は見た目的には大幅なアップデートということにならない可能性は高そうですね。それでもイヤホンジャックの廃止やカメラのアップデートがどれほどになるのかは注目ですね。

さらに、2017年モデルに搭載される”画面全体を振動させることで革新的な操作感覚を生み出す“というのはかなり気になりますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)