「iPhone 4S」キャリア販売シェア、ソフトバンク51.7%、au48.3%。

BCNランキングによると、「iPhone 4S」発売日の10月14日を含む、10月10日~16日までの携帯電話全体の販売台数1位から6位までがすべて「iPhone 4S」で、合計シェアが53.7%に達したと伝えています。
BCNランキングより/クリックで拡大
1位 ソフトバンク版「iPhone 4S 64GB」 10.4% 2位 au版「iPhone 4S 32GB」 10.3% 3位 au版「iPhone 4S 64GB」 9.4% 4位 ソフトバンク版「iPhone 4S 32GB」 9.1% 5位 ソフトバンク版「iPhone 4S 16GB」 8.2%  6位 au版「iPhone 4S 16GB」 6.3% 「iPhone 4S」販売シェアは、ソフトバンクが51.7%、auが48.3%とほぼ互角です。 ちなみにこのデータは、量販店の実売データを集計したもので、ソフトバンクショップやauショップ、Apple Storeで販売された数字は含まれていません。それを含めたら、携帯電話全体のシェアはさらに大きくなりますね。 ソフトバンクとauは、スタートからかなりの台数を販売したようですね。これに対してドコモは、昨日の山田社長の会見(毎日.jp)の中で、「iPhone 4S」が発売した10月14日~17日にかけて、MNP(ナンバーポータビリティ)の転出が2.5倍ほどになったと述べています。 現状では、ソフトバンクからauに転出というよりは、ドコモからauに転出した人が多かったことが予想されます。今後はドコモがAndroid端末でどれだけ巻き返せるかだと思いますが、この「iPhone 4S」旋風はまだまだ続きそうな気がしますね。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)