Iphonexbunner big

「iOS 6」から「YouTube」アプリがデフォルトでなくなった理由はYouTube側が契約を更新しなかったため

Youtubeicon

少し前の話になりますが、2012年に「iOS 6」がリリースされた時に今までデフォルトアプリとしてあった「YouTube」がなくなっていたのが話題となりましたが、YouTubeで長年働いていたHunter Walk氏は、これはYouTube(Google)側がAppleと契約を更新しなかったからだと明らかにしています。

スポンサードリンク

Google Maps削除とは別の決断

Hunter Walk氏は、Google(YouTube)側がAppleと契約を更新しなかった理由について、それまでの「YouTube」アプリはAppleが制作したものだったことから、「私たちのアプリのコントロールを取り戻すためだった」と述べています。

また、「iOS 6」リリース時は「Google Maps」アプリもデフォルトアプリから削除され、Appleの純正マップアプリが登場した時で、Appleが「YouTube」アプリも一緒に削除したのではないかと考えられていましたが、これについても「2つの決定は完全に独立していた」ことも明らかにしています。

(via BUSINESS INSIDER

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA