今日の人気記事

スポンサードリンク

ACミランの株式48%をタイの投資家が取得 – 取得額は約675億円に

Acmilan sh

デイリースポーツなどによると、イタリアの名門で本田圭佑も所属しているACミランのクラブの株式48%をタイ人投資家のビー・テチャウボン氏に譲渡したことを発表したと伝えています。

スポンサードリンク

会長であるベルルスコーニ氏は52%の株式を保持する形で、ビー・テチャウボン氏が残りの48%を5億ユーロ(約675億円)で購入したそうです。

日本経済新聞でもこのニュースを伝えていて、「アジアの富豪らが欧州のチームを買収するのは、アジアでもサッカーの人気が広がりつつあるのを受け、所有する放送局や航空会社の収益拡大につなげる狙いがある。」とのことです。

ヨーロッパでは本当に巨大な資本を持つオーナーがチームを買収して一気にお金をかけて強豪になるというケースがいくつ見られますが、ミランはオーナーは変更はないものの、外資をいれて一気にチーム強化をするのかもしれません。

なお、来シーズンの監督については、前サンプドリア監督のミハイロビッチ氏の就任が濃厚になっているようです。来シーズンはなんとしても結果が求められるので、本田の使い方も含めて興味深いですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)