Apple、macOS Sierraユーザ向けに「Safari 11.0」リリース ― オーディオ付きメディアの自動再生の停止など

Safariformac

Appleは、macOS Sierraユーザ向けに、オーディオ付きメディアが、ほとんどのWebサイトで自動再生されなくなるなどの機能を追加した「Safari 11.0」をリリースしています。

スポンサードリンク

「Safari 11.0」の新機能

今回のアップデート「Safari 11.0」は、すべてのmacOS Sierraユーザに推奨され、プライバシー、互換性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正が含まれています。

  • オーディオ付きのメディアが、ほとんどのWebサイトで自動再生されなくなります。
  • リーダー、コンテンツブロッカー、ページの拡大/縮小、および自動再生の設定を、Webサイトごとに個別に適用したり、すべてのWebサイトに適用したりすることが可能になります
  • 連絡先カードからの自動入力の精度が向上します
  • HTMLビデオおよびオーディオの最新のメディアコントロールが利用できます
  • パフォーマンスと効率が向上します
  • なお、このアップデートは、Mac App Storeからのアップデートタブからダウンロード可能です。
  • スポンサードリンク

    コメントを書く

    *
    *
    * (公開されません)