Google、iOS向け写真編集アプリ「Snapseed 2.16」リリース ― 編集した内容を効果として保存して他の画像に適用可能に

Snapseed

Googleは、編集した内容を効果として保存して他の画像に適用可能になるなどしたiOS向け写真編集アプリ「Snapseed 2.16」をApp Storeでリリースしています。

スポンサードリンク

Snapseed 2.16の新機能

今回のアップデート「Snapseed 2.16」では、写真を編集した内容を効果として保存し、別の画像に適用することができるようになっています。

Snapseed 01

やり方は、写真を編集したあとに、右上のアイコンをタップして「効果を保存」すれば、違う画像の時に「保存した効果…」という場所からその効果を選べるので、いつでもお気に入りの編集方法が再現できます。

Snapseed 02

さらに、その保存した効果のQRコードを生成して友だちや他のユーザーと効果を共有することも可能になっています。

なお、ほかにも部分調整ツールで写真の個々の領域にストラクチャを適用することができる新機能が搭載されています。

Snapseed
掲載時の価格:無料 (最新価格はStoreで確認してください)
アプリをダウンロード
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)