今日の人気記事

スポンサードリンク

JR西日本、在来線を含む全乗務員が「iPad」を携帯へ 〜 導入台数は約8,600台

Jrnishinihonipad

JR西日本は、さらなる安全・安定輸送を実現するために在来線を含む全乗務員が「iPad」を携帯することにしたと発表しています。

スポンサードリンク


導入台数は約8,600台

JR西日本は2015年1月に山陽新幹線の乗務員に、3月に北陸新幹線の乗務員に「iPad」を導入して以降、異常時における関係者間の情報共有や訪日外国人のお客様へのご案内などに効果を発揮したことから、在来線でも異常時対応能力の向上、お客様へのご案内の充実を目的として、導入することを決めたそうです。

乗務員が携帯する「iPad」の種類は、運転士が「iPad Air」、車掌および客室乗務員「iPad mini」となるそうで、2017年1月以降順次導入予定となっていて、全部で約8,600台が導入されるそうです。

iPadの導入することで、異常時に通信機能を活用するなどして原因特定・処置の迅速化、翻訳ツールなどの活用するなどした訪日外国人のお客様への案内強化、マニュアル・規程類の電子化による乗務員の負担軽減および省資源化などの効果を見込んでいるそうです。

~さらなる安全・安定輸送を実現するために~ 在来線を含む全乗務員が「iPad」を携帯します – JR西日本

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)