今日の人気記事

スポンサードリンク

慶應義塾大学、「ResearchKit」を使ったアプリでの臨床研究を国内で初めて開始

Hearthandbrain

ITMediaによると、慶應義塾大学医学部の研究チームがiPhoneやApple Watchのセンサーを活用した臨床研究を国内で初めて開始したと発表したと伝えています。

スポンサードリンク


「ResearchKit」をつかった日本初の臨床研究

iPhoneユーザーから研究データを集めるソフトウェアフレームワーク「ResearchKit」を使ったアプリ「Heart & Brain」を開発し、心拍数や運動能力などを測定し、不整脈・脳梗塞の早期発見につなげるそうで、iPhoneユーザーなら誰でも匿名で参加できるとのこと。

Hearthandbrain1

iPhoneやApple Watchの加速度センサー・ジャイロスコープ等のデータを収集・解析、心拍数や歩数、運動量などのヘルスケアデータを収集され、さらに「運動評価テスト」やアンケートの結果から不整脈・脳梗塞の早期発見に役立てるそうです。

「ResearchKit」の活用は日本では初の試みとなりますが、iPhoneの普及が進んでいる日本ではかなり有効なツールとなりそうな気がします。

あくまでも匿名参加でき、さらにどこかに出向くことなくiPhoneやApple Watchを使っているだけでこういった臨床研究に参加できることは、膨大なデータを収集できることにもつながるので、研究に大きく役立つようになっていくのではないでしょうか。

なお、詳細については以下の慶應義塾大学の発表資料を参照してください。
国内初 iPhoneアプリを用いた臨床研究を開始(PDF)

Heart & Brain
掲載時の価格:無料 (最新価格はStoreで確認してください)
アプリをダウンロード
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)