今日の人気記事

スポンサードリンク

AppleのPhil Schiller氏がインタビューに答え16GBのiPhoneや超薄型のデザインとバッテリーの関係などを語る

Phillsherrjohon
Photo by 9to5Mac

9to5Macによると、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアヴァイスプレジデントのPhil Schiller氏がDaring FireballのJohn Gruber氏のポッドキャストに登場し様々なことに答えたと伝えています。

スポンサードリンク

まず、John Gruber氏はPhil Schiller氏に対して、「WWDC 2015」の基調講演の長さについて訊ねられて、Appleは1時間45分〜2時間15分の間に収めようとは考えていて、今年も合理的な長さにするために多くのものをカットしたと語ったそうです。

John Gruber氏は、アプリのサイズが大きくなっていてストレージの価格が下がっているなか、16GBのiPhoneやiPadの販売を続けている理由を訊ねたところ、クラウドが16GBの物理的なストレージの不足を補うと述べたそうです。

さらに、Gruber氏とPhil Schiller氏は、超薄型デバイスについての議論で、Appleはバッテリー持続時間と薄さの完璧なバランスをとっている語り、大きいバッテリーを搭載するとその分高価になり重く、充電時間も長くなると指摘し、何とトレードオフするかを判断して我々は選択していると語っているそうです。

他にもApple Musicについては、9.99ドルについては完璧な価格で、音楽のキュレーションには”人間味”が大事だということも話しているそうです。

最近はAppleの幹部が様々な場面で表に出ることが多くなり、こういったインタビューも増えてきましたね。ちょっと前では考えられないことでしたが、いろいろな話が聞けて面白いですね。

Phil Schiller氏のバッテリーとデバイスの薄さについてのバランスはなかなか興味深いですね。デザインにも留意しながらバッテリー持続時間をどう選択していくかというのはAppleはかなりこだわっている部分のような気がします。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)