今日の人気記事

スポンサードリンク

「Mac mini(Late 2014)」はユーザーがメモリを交換や増設ができない仕様に

Macmini

MacRumorsによると、先日発表された「Mac mini(Late 2014)」は、ユーザーがメモリを交換や増設ができない仕様になっていると伝えています。

スポンサードリンク

これは、macminicolo Blogが指摘しているそうで、これは「Mac mini(Late 2014)」のメモリがハンダ付けされていることからユーザー自身が交換・増設できないそうです。

このことから、メモリについてはApple Online Storeでアップグレードしないと今までのようにあとから追加することはできないので注意が必要です。なお、最大で16GBまでとなります。

なお、保証は無効になるが、ハードディスクドライブについては交換が可能だそうです。

「Mac mini」は裏蓋を空けることで簡単にメモリが交換できることが一つの特徴でしたが、残念ながら「Mac mini(Late 2014)」からはそれが不可能になってしまったようです。

関連記事
Apple、Thunderbolt 2を搭載するなどした「Mac mini(Late 2014)」を発表

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)