今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 6s」の筐体は強度が大幅にアップしたアルミ合金を使用か!?

Iphon6skyoutia

MacRumorsは、Unbox Therapyが、「iPhone 6s」の筐体の成分分析や強度テストの動画を公開していると伝えています。

スポンサードリンク


「iPhone 6s」には7000シリーズのアルミニウムを採用か

以下がUnbox Therapyが公開した動画ですが、前半にはその成分分析もされていますが、MacRumorsも独自で「iPhone 6s」の元素組成データを入手しているそうです。

それによると「iPhone 6」のものより亜鉛が5%多く含まれていて、これは「Apple Watch Sport」で採用された「7000シリーズのアルミニウム」の特徴に沿ったものだとしています。

動画後半の強度テストでは、「iPhone 6」の筐体では30ポンドぐらいから曲がり始めるのに対して、「iPhone 6s」の筐体では80ポンドぐらいまで持ちこたえることができているので、強度が2倍以上になっているようです。

「iPhone 6」では曲がりやすいと一時話題になっていましたが、このデータ等が本物だとすると「iPhone 6s」でちょっとしたことでは曲がらない強度を得ているということになりますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)