今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 6c」のもの?? 未確認のiPhone向け1715mAhのバッテリーの画像がリークされる

Batterie iPhone 6c 1715mAh

先日の記事で「iPhone 6c」はとりあえず発売はなさそうだとお伝えしたばかりですが、nowhereelse.frが、「iPhone 6c」のものかもしれないとする1715mAhのバッテリーの画像を公開しています。

スポンサードリンク


今までのiOSデバイスには搭載されていない容量のバッテリー

現在のiOSデバイスのバッテリーは、「iPhone 5」が1440mAh、「iPhone 5c」が150​​7mAh、「iPhone 5s」が1560mAh、「iPhone 6」が1810mAhとなっていて、今回の画像にある1715mAhのバッテリーは今のところどのデバイスでも使われていないものになっています。

ちょうど、「iPhone 5s」と「iPhone 6」の間にあることから「iPhone 6c」のものではないかと予想されているようです。

ちなみに、先日発売された「iPod touch(第6世代)」のバッテリー容量は1043mAhとなっていて、これも今回のモデルには当てはまっていません。

本当に「iPhone 6c」向け?

このバッテリーが何の目的で作られたものかは不明ですが、画像を見る限りiPhoneに搭載されるものと形は一緒のように見えますよね。

ただ、やはり今年4インチ「iPhone 6c」が出る可能性は少ないと思うので、テストデバイス向けなどに製造されたものなのかもしれないですね。

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ner

    6s向けのバッテリーの可能性も・・A9チップと2GB LPDDR4の採用とiOS9のバッテリーの改善・省エネモードが搭載されるので、その影響もありバッテリー容量が減るんじゃないでしょうか・・

    • By Linkman

      確かに可能性としてはありますね。
      ただ、わざわざバッテリー容量を減らすメリットは少ないかなとも思います。
      プロセッサやiOSなどの改良でバッテリーの改善などが見込めるのであれば、
      さらにバッテリー持続時間は伸びるので、そっちを選択しそうなきがするんですよね。

      もちろんなんとも言えないんですが・・・(^^;;

      • By ner

        そう言われるとメリットは少ないですね、、その選択もあり得ますね。

        次期iPhoneで急にバッテリーが容量が減るってのは変だと思いますが・・

        iPad Air2はバッテリー容量が、旧型のiPad Air(第1世代)と比較して約15%小さくなったのにも関わらず性能を向上しながら、筐体は極限まで薄くなったのに駆動時間は旧モデルと同じ10時間になってるのでiPhoneでもこの技術を取り入れれば、A9チップなどの改良でさらに性能も向上出来るし、バッテリー駆動時間をアップ出来ます、Force Touchの影響で厚みが増加するという情報もあったので、これなら筐体も薄型軽量化できるので、、メリットはあるかと。

        長くなりました、すいません

        • By Linkman

          どうしてもForce Touchの関係などから厚みを減らさなければならず、バッテリー容量を減らすという可能性も確かにありますね。
          現行モデルと同じ駆動時間が担保されるのであれば、そういったトレードオフも考えられるかもしれませんね。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)