Appleが、「Mac Pro」の将来を疑問視!?

AppleInsiderによると、Appleは、Sandy Bridgeの新しいCPUラインナップが登場するにもかかわらず、「Mac Pro」について、今後もこのラインヘの投資を継続するかどうか検討されていると伝えています。
mac_pro_100727_2.png
記事によると、ハイエンドワークステーションである「Mac Pro」は、すでにAppleにとって有益ではなくなっているとしています。 「Mac Pro」は唯一内部のPCI Express拡張スロットを持ったマシンですが、「MacBook Pro」、「MacBook Air」、「iMac」、「Mac mini」のすべてにThunderboltが搭載されていて、このポートを通してPCI Expressスロットと同じ信号を提供する事が出来てしまうので、「Mac Pro」の特徴の一つが失われているとしています。 さらに「iMac」や「Mac mini」では、「Mac Pro」のようなハイエンドプロセッサやグラフィックスに対応することは出来ないが、「iMac」や「Mac mini」、「iPad」などの市場規模に比べ、ハイエンドデスクトップの市場が大きいとは思えないとしています。 確かに最近ずっと「Mac Pro」のアップデートはされていませんが、市場規模としても「Mac Pro」の居場所はなくなってきてしまっているんでしょうか…。記事にもありますが、Appleは以前「Xserve」も販売をやめ、「Mac mini Server」にシフトしたりしているので、「Mac Pro」の将来もあまり明るくないかもしれませんね…。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)