今日の人気記事

スポンサードリンク

次期「iPhone」は6月から量産開始で最低容量が16GBモデルから32GBモデルになる!?

Iphone6plus 06

EMSOneは、調査会社TrendForceのレポートによると、次期「iPhone」は2015年6月から量産段階になるとの見通しを明らかにしたと伝えています。

スポンサードリンク

TrendForceは、次期「iPhone」について、メモリがLPDDR3の1GBからLPDDR4の2GBにアップグレードされ、ストレージオプションは32GB/64GB/128GBというラインナップになり、最低容量が16GBから32GBになる可能性が非常に高いとしています。

また、64GBと128GBモデルにはTLCベースのNADDフラッシュストレージが採用されるとのこと。

ほかにも、すでにいわれているように、次期「iPhone」では「Force Touch(感圧タッチ)」技術が特徴になる可能性が高く、LEDバックパネルは軽量化と薄型化によって小さくなるなどといった予測をしています。

16GBモデルは廃止となるか

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」からストレージオプションが変更になり、128GBが追加され32GBが廃止となっていましたが、次期「iPhone」では16GBモデルを廃止にして32GBモデルを復活させるという可能性があるようです。

実際16GBモデルの場合、OSのアップデートの際に容量が足りなくなったりした問題が以前あったり、写真やアプリを容量が増えてくると確かに少ないというケースが出てきているので、32GBモデルに変更するというのはいい案のような気がします。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)