今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 6」には次世代M7コプロセッサと思われるコードネーム「Phosphorus」が搭載!?

Phosphorus

9to5Macによると、今までいくつもの「iPhone 6」の回路図とされる画像を公開しているGeekbarが、コードネーム「Phosphorus」というチップが記載されていると伝えています。

スポンサードリンク

この「Phosphorus」というチップは、「iPhone 5s」のM7コプロセッサと同様の役割を果たすが、さらに機能が追加になるとのことで、あくまでも「Phosphorus」はコードネームで公式な呼び方ではないとしています。

このプロセッサは、歩数計やモーショントラッキングと同様に外部のアクセサリと通信できるようになるのではないかとしています。

このことからA8プロセッサを介さずに、低電力の状態で外部のフィットネスデバイスと「iPhone 6」と通信することが可能で、例えばAppleが開発していると噂される「iWatch」などとの同期することができ、血圧や血糖レベルの情報を送ることができるかもしれないようです。

バッテリー消費をいかに抑えて通信をするか

「iOS 8」からHealthアプリが導入されることは発表されていますが、外部のデバイスとの通信の時にどれだけバッテリー消費を抑えられるかは重要なポイントだとおもいます。

(img via 9to5Mac)

関連記事
リークされた回路図や部品表から「iPhone 6」には128GBモデルが存在の可能性が示唆される!?
リークされた「iPhone 6」の回路図にNFCチップの記載がある!?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)