今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 6」は4.7インチより5.5インチのプロセッサの方が高性能!?

Iphone6ren 04

AppleInsiderは、Cowen & CoのアナリストTimothy Arcuri氏は、アジアのサプライチェーンをチェックしたところによると、Appleは「iPhone 6」の5.5インチモデルに4.7インチモデルより高性能なプロセッサを搭載する可能性があると伝えています。

スポンサードリンク

Appleは過去にも「iPad Air」のA7プロセッサが1.39GHzだったのに対して、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」が1.29GHzのプロセッサを搭載して、プロセッサに差がついていて、「iPhone 6」でも5.5インチの方がクロックが高いということになるかもしれないとしています。

情報によると、5.5インチ「iPhone 6」のプロセッサはより大きなダイを使っていて、グラフィック処理のコアが多くなるとしています。

5.5インチと4.7インチモデルの差はディスプレイサイズだけではない?

今までにリークされている筐体やフレックスケーブルなどをみると、2つのモデルに違いがあるので、プロセッサについても違いがあったも不思議ではないですね。

また、ディスプレイの大きさが変わるということはそれだけグラフィック処理が必要になるので、より高性能なプロセッサが必要になるというのも納得できますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)