今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 5s」はアプリのクラッシュ率が他のモデルより2倍高い

9to5Macは、アプリのパフォーマンスを追跡するサービスを提供しているCrittercismの調査によると調査によると「iPhone 5s」はアプリのクラッシュ率が他のモデルより2倍高い事が分かったそうです。

Iphone5s

 

スポンサードリンク

その他のiPhoneでアプリがクラッシュする割合は1%ほどだそうですが、「iPhone 5s」は2%ほどになっているそうです。

これは、「iPhone 5s」では新しい64ビットのA7プロセッサやM7コプロセッサを搭載していて、デベロッパーが互換性を確認するためのテストを十分できなかったためだと思われる賭しています。

今回は「iOS 7」でデザインなど色々変わったことやプロセッサの変更などが大きくこの結果に出ていると思えますが、今後は少しずつパーセンテージも下がってくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)