今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、生産委託をFoxconnの比率を減らしPegatronを重用か!? 理由にはAppleに報告せず部品調達先変更などの問題?

EMSOneは、ウォール・ストリート・ジャーナル中国語版によると、Appleが製品の生産委託でリスク分散のためにFoxconnの比率を減らしPegatronを重用し始めている報じているとしています。

Apple logo

 

スポンサードリンク

Pegatronは、2013年の投入がうわさされる廉価版「iPhone」の受注を獲得したと伝えているそうです。

さらに、Foxconnに対する発注比率を下げた理由として、「iPhone 5」の生産で筐体や機能の不良が発生したことや、部品の調達でFoxconnがAppleに通知せず部品の調達先を変更したことなどを挙げている。

消息筋によると、AppleはEMS世界最大手としてFoxconnの影響力が増していることで、コントロールするのが難しくなりつつあると指摘しているとのことです。

今までApple製品の生産はFoxconnが一手に引き受けてきたイメージですが、やはり1社に集中することはリスクが高いのは間違いないですね。色々な問題があったという背景はあるかもしれませんが、Pegatronの比率を増やすのはある意味自然の流れと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)