アナリスト予測:「iPhone 5S」には「キラーアプリ」を搭載!? さらにやはりドコモでも取り扱い開始か!?

AppleInsiderよると、Morgan StanleyのアナリストKaty Huberty氏は、最近Appleの経営陣と会談したとしていて、Appleは、年内に新たなインターネットベースのサービスだけでなく、「キラーアプリ」をリリースするだろうと述べていると伝えています。

Apple logo
 
短期的にAppleは、6月の「WWDC 2013」で音楽ストリーミングやモバイル決済など新しいタイプのインターネットサービスについて発表を行うことができるだろうとしています。

また、今年後半に、Appleは廉価版「iPhone」とともに「iPhone 5S」をリリースする予定で、日本のNTTドコモ、中国のChina Mobileなど新しいキャリアでの取り扱い、そして、「iPhone 4S」の時の「Siri」のような「キラーアプリ」が登場すると予測しています。

このアプリについては、AppleがすでにPassbookで入った領域のモバイル決済などを例に出しているとしていて、このような新機能が「iPhone 5S」の販売の助けになるだろうとしています。

「iPhone 5S」については、「iPhone 5」のマイナーバージョンアップという見方が強いですが、「Siri」のような"キラーアプリ"が登場することによって、一気に話題を集めることになるかもしれないですね。

また、ドコモやChina Mobileについても言及がありますが、やはり「iPhone 5S」からこの2社が取り扱う可能性が高いかもしれませんね。特にAppleにとってはChina Mobileが「iPhone」を取り扱うことになれば相当な売上げの拡大が見込めますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)