Iphonexbunner big

廉価版「iPhone」は「iPhone 5」と同様に4インチディスプレイで、4〜6つのカラーバリエーション!?

AppleInsiderは、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、廉価版「iPhone」は「iPhone 5」と同様に4インチディスプレイとなるだろうと予測していると伝えています。

13 01 16 iPhone 2013
 
Ming-Chi Kuo氏は、廉価版「iPhone」はガラス繊維を混ぜたプラスチック筐体となり、一般的なスマートフォンに使われているプラスチックより強く、より薄くなるとしています。

予想では、0.4〜0.6mm(一般的なプラスチック筐体は0.7〜1mm)の厚さとなり、iPodのラインナップと同様にカラーラインナップが追加されるとしています。

カラーラインナップは現在のブラック・ホワイトにさらに追加され、4〜6色のオプションがあるだろうとしています。

また、「iPhone 5」をベースにした廉価版「iPhone」の他に、今年後半には「iPhone 5S」がリリースされるだろうとしています。

Ming-Chi Kuo氏は、今までにも正確な情報を提供することで有名ですが、様々な噂があるなか、廉価版「iPhone」は「iPhone 5」がベースとなり、ディスプレイサイズも4インチとなる可能性が高いのかもしれません。

関連記事
アナリスト、「iPhone 5S」と廉価版「iPhone」は6月〜7月に発表と予測

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA