KDDI、iPhone向けに月額定額で利用し放題のコンテンツ配信サービスを開始!?

日経ビジネスONLINEによると、KDDIは、iPhone向けに、月額定額で利用し放題のコンテンツ配信サービスを始めることが明らかになったとし、音楽や動画、ゲーム、電子書籍などのコンテンツを月額390円で携帯電話料金に上乗せして提供すると伝えています。

 
KDDIはすでにAndroid向けに「auスマートパス」と呼ぶアプリ取り放題のサービスを開始していて、爆発的な普及が見込める「iPhone 5」にも同サービスを適用し、スマートフォン向けコンテンツ事業に本格的に踏み出すとしています。

9月21日の「iPhone 5」発売に合わせ、近く試験サービスを開始するとしていて、正式サービスは12月を予定しているとのとこと。

Appleは「AppStore」以外の独自のアプリ配信サービスをキャリアがiPhone上で立ち上げることは認めていないが、KDDIはauスマートパス上に、従来のアプリだけでなく、Appleからの規制がかからないウェブ形式のコンテンツを加えることで、独自のiPhone向け配信サービスを実現したとしています。

Android向けに提供されている「auスマートパス」はアプリ取り放題というのが売りの一つだと思いますが、iPhoneの場合はそれができないので、ウェブ形式のコンテンツを配信するという形を取るという感じですかね。

どんなコンテンツが揃うかというのがポイントとなりそうですが、アプリ取り放題というメリットがないのはどうなるのでしょうか?また、ソフトバンクも同様のサービスを始めると、日経ビジネスONLINEが報じていましたが、これと競合するサービスとなるということでしょうか。

関連記事
ソフトバンク、iPhoneやAndroid向け定額制コンテンツ配信サービスをスタートか!?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)