シャープ、次期「iPhone」用パネルの生産が遅れている!?

ロイターは関係筋の話として、Appleが秋にも発売する次期「iPhone」の液晶パネルの供給で、シャープはめ歩留まり向上に課題を残しているた量産出荷に遅れが出ていると伝えています。

12 08 30 iPhone5 1
 
シャープは亀山第一工場で、次期「iPhone」に採用されるとみられる最新の中小型液晶の量産の準備をしていて、当初8月中を目指していたが9月にずれ込む見通しだとしています。

シャープは少量生産の技術は確立しているが、歩留まりが改善されず、このまま大量生産に踏み切れば原価割れを起こす可能性も出ており、量産に踏み切れずにいるとしています。

ただ、1人の関係筋によると、シャープが歩留まりの問題が改善できないまま量産に踏み切った場合にもAppleがそれによって生じる損失に対して資金援助をする計画があり近く本格量産が始まる見通しだとしています。

何度となく次期「iPhone」から採用されるとする「インセルタッチパネル」の生産については、懸念がされていましたが、シャープはまだこの問題が解決できていないのかもしれませんね。次期「iPhone」の出荷台数に影響が出なければいいんですけどね・・・。

なお、シャープの広報担当者はこの件についてコメントを控えているそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)